Grow Up Monsters 進捗六日目

Grow Up Monsters 進捗五日目ではメニューにある各処理と多言語化対応を行った。本日は対戦画面シーンを作り込んで行く。まずは、対戦用のテーブルやカードなどの作成を行っていく。

1.対戦用テーブルの作成

カード対戦用のテーブルは MagicaVoxel を用いて作成を行った。MagicaVoxel については以前に紹介ページの投稿を行っているのでこちらを参照してほしい。

実際に作成したテーブルについては以下のようになった。作成時間としては2~3時間ほどで作成しているため作り込みとして甘い部分は多々あるが、テーブルとしての体裁は整っているためまずはこちらで作業を進めていきたいと思う。

Grow Up Monsters 対戦用テーブル
スポンサーリンク

2.Unity に対戦用テーブルをインポートする

MagicaVoxel で作成したモデルを Unity にインポートする。インポートの方法については以前に紹介ページの投稿を行っているので MagicaVoxel から Blender にインポートする方法Blender から Unity へインポートする方法を参照してほしい。

インポートした結果は以下の通り。赤枠部分に自軍モンスター緑枠部分に敵軍モンスターが配置される予定である。インポートしたテーブルは緑色となっていないが、これは Blender の出力にテクスチャデータが含まれていないことが原因のようだ。このあたりについても細かく調査を進めていきたいところではあるが、今回はひとまずこのまま進めていきたいと思う。また、赤枠の下にカードがあるがこれは3.にて作成したカードである。

Unity へインポートしたテーブル

3.カードの作成を行う

Grow Up Monsters カードはすべてUnity 上で作成を行った。なにげに一番時間を要したのがこのカード作成に当たる。Canvas と Image、Text の関係が良くわかっていなかったため、5~6時間ほど要している。このあたりは少しややこしいので自分の中で整理ができたら改めてまとめたいと思っている。

Grow Up Monsters カード

4.明日の予定

材料の作成に飽きてきたため、そろそろスクリプトの作成を進めていきたいと思う。まずはチュートリアルをスクリプトで実装していきたい。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。