MagicaVoxel で作成したモデルを Blender にインポートする

Grow Up Monsters 進捗一日目でしれっと行っていたが、MagicaVoxel で作成したモデルを Blender にインポートし、Blender のデータを Unity へインポートしていた。この方法についてまだまとめていなかったためここで解説させていただく。

1.MagicaVoxel のデータをエクスポートする

MagicaVoxel で作成したモデルは直接 Unity にインポートすることができない。そのため、一旦 Blender を介して Blender からデータ出力し直す必要がある。まずは、 MagicaVoxel から Blender へデータをインポートするために MagicaVoxel のエクスポート機能を用いて、Blender へのインポートデータを作成する。

MagicaVoxel のエクスポートボタンは画面右下にあり、これをクリックすることでエクスポートするファイルの種別を選択することができる用になる。

MagicaVoxel のエクスポートボタン

エクスポートボタンをクリックすると以下の項目が表示されるようになるので、この中から今回は obj ファイル形式を選択する。

出力ファイル形式選択

obj ファイル形式を選択するとよく見慣れたファイルの保存先指定画面が表示されるようになるので、任意のフォルダにデータを保存する。ここではデフォルトで設定されている MagicaVoxel 以下の 「export」フォルダに「Teapot」という名称で保存を行う。

ファイルの保存先指定

以上で Blender へインポートするデータの作成は完了である。

スポンサーリンク

2.エクスポートした MagicaVoxel のデータを Blender にインポートする

次に 1.でエクスポートしたデータを Blender で取り込んでいく。Blender の起動後、初期から設定されている不要なデータの削除を行う。

Blender 不要データの削除

不要データの削除が完了後、上部メニューの [ファイル] > [インポート] > [Wavefront(.obj)] をクリックする。クリックするとファイル選択画面に移行するので、1.でエクスポートした obj ファイルを選択する。

Blender ファイルのインポート

すると、以下のように出力した MagicaVoxel のデータを Blender に取り込むことができるようになる。特に変更がなければ3.に進んでもらっても構わない。

MagicaVoxel データの取り込み

カラーを設定しているにもかかわらず、カラーが反映されていない場合は下部のメニューから [テクスチャ] を選択することで、MagicaVoxel で設定したカラーを Blender 上で確認することができる。

Blender のテクスチャ設定

実際に反映すると以下のようになる。

MagicaVoxel のカラーを反映

3.Blender のデータを Unity にインポートする

Blender から Unity へデータをインポートする方法については以前の記事にてまとめているためそちらを確認していただくこととする。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。