Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(49)

Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(48)では GameManager に合わせて追加した LevelManager の解説を行った。今回は Poolable ゲームオブジェクトの管理を行う PoolManager について解説を行っている。

1.タワーディフェンステンプレートのステージの設定編 – PoolManager.cs

PoolManager.cs について稚拙ながら解説

「PoolManager.cs」は「Assets/Scripts/Core/Utilities/PoolManager.cs」の指しておりスクリプトについては以下の通り。内容としては Poolable ゲームオブジェクトの管理を行っている。


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

namespace Core.Utilities
{
    /// <summary>
    /// Managers a dictionary of pools, getting and returning
    /// </summary>
    public class PoolManager : Singleton<PoolManager>
    {
        /// <summary>
        /// List of poolables that will be used to initialize corresponding pools
        /// </summary>
        public List<Poolable> poolables;

        /// <summary>
        /// Dictionary of pools, key is the prefab
        /// </summary>
        protected Dictionary<Poolable, AutoComponentPrefabPool<Poolable>> m_Pools;

        /// <summary>
        /// Gets a poolable component from the corresponding pool
        /// </summary>
        /// <param name="poolablePrefab"></param>
        /// <returns></returns>
        public Poolable GetPoolable(Poolable poolablePrefab)
        {
            if (!m_Pools.ContainsKey(poolablePrefab))
            {
                m_Pools.Add(poolablePrefab, new AutoComponentPrefabPool<Poolable>(poolablePrefab, Initialize, null,
                                                                                  poolablePrefab.initialPoolCapacity));
            }

            AutoComponentPrefabPool<Poolable> pool = m_Pools[poolablePrefab];
            Poolable spawnedInstance = pool.Get();

            spawnedInstance.pool = pool;
            return spawnedInstance;
        }

        /// <summary>
        /// Returns the poolable component to its component pool
        /// </summary>
        /// <param name="poolable"></param>
        public void ReturnPoolable(Poolable poolable)
        {
            poolable.pool.Return(poolable);
        }

        /// <summary>
        /// Initializes the dicionary of pools
        /// </summary>
        protected void Start()
        {
            m_Pools = new Dictionary<Poolable, AutoComponentPrefabPool<Poolable>>();

            foreach (var poolable in poolables)
            {
                if (poolable == null)
                {
                    continue;
                }
                m_Pools.Add(poolable, new AutoComponentPrefabPool<Poolable>(poolable, Initialize, null,
                                                                            poolable.initialPoolCapacity));
            }
        }

        void Initialize(Component poolable)
        {
            poolable.transform.SetParent(transform, false);
        }
    }
}

9行目 : 「public class PoolManager : Singleton<PoolManager>」はUnity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(46)で解説した Singleton を継承し、総称型として PoolManager を指定していることを指している。

26行目 : 「public Poolable GetPoolable(Poolable poolablePrefab)」はプールしているインスタンスの取得を行っている。内容としては m_Pools にゲームオブジェクトが登録されていなければ m_Pools を追加し、m_Pools からプールしているインスタンスを取得している。

45行目 : 「public void ReturnPoolable(Poolable poolable)」は pool の返却を行っている。

53行目 : 「protected void Start()」は Unity 固有の開始処理を行っている。内容としては登録している、poolables から m_Pools に追加している。

68行目 : 「void Initialize(Component poolable)」は poolable に対して PoolableManager を Parent として追加している

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。