Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(43)

Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(42)ではそのステージで使用できるタワーを設定するのに用いる TowerLibrary の解説を行った。今回は Agent の Wave を登録する Wave の継承関係にある TimedBehaviour について解説を行っていく。

1.タワーディフェンステンプレートのステージの設定編 – TimedBehaviour.cs

TimedBehaviour.cs について稚拙ながら解説

「TimedBehaviour.cs」は「Assets/Scripts/Core/Utilities/TimedBehaviour.cs」の指しておりスクリプトについては以下の通り。内容としては Timer のリストの管理を行っている。


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

namespace Core.Utilities
{
    /// <summary>
    /// Abstract based class for helping with timing in MonoBehaviours
    /// </summary>
    public abstract class TimedBehaviour : MonoBehaviour
    {
        /// <summary>
        /// List of active timers
        /// </summary>
        readonly List<Timer> m_ActiveTimers = new List<Timer>();

        /// <summary>
        /// Adds the timer to list  of active timers
        /// </summary>
        /// <param name="newTimer">the  timer to be added to the list of active timers</param>
        protected void StartTimer(Timer newTimer)
        {
            if (m_ActiveTimers.Contains(newTimer))
            {
                Debug.LogWarning("Timer already exists!");
            }
            else
            {
                m_ActiveTimers.Add(newTimer);
            }
        }

        /// <summary>
        /// Removes timer from list of active timers
        /// </summary>
        /// <param name="timer">the timer to be removed from the list of active timers</param>
        protected void PauseTimer(Timer timer)
        {
            if (m_ActiveTimers.Contains(timer))
            {
                m_ActiveTimers.Remove(timer);
            }
        }

        /// <summary>
        /// Resets and removes the timer
        /// </summary>
        /// <param name="timer">the timer to be stopped</param>
        protected void StopTimer(Timer timer)
        {
            timer.Reset();
            PauseTimer(timer);
        }

        /// <summary>
        /// Iterates through the list of active timers and ticks
        /// </summary>
        protected virtual void Update()
        {
            for (int i = m_ActiveTimers.Count - 1; i >= 0; i--)
            {
                if (m_ActiveTimers[i].Tick(Time.deltaTime))
                {
                    StopTimer(m_ActiveTimers[i]);
                }
            }
        }
    }
}

20行目 : 「protected void StartTimer(Timer newTimer)」はグローバル変数である m_ActiveTimers に対してタイマーの追加を行っている。

36行目 : 「protected void PauseTimer(Timer timer)」はグローバル変数である m_ActiveTimers に引数のタイマーがあれば、m_ActiveTimers から削除を行っている。

48行目 : 「protected void StopTimer(Timer timer)」は引数の Timer を Reset 後、PauseTimer の処理を行っている。

57行目 : 「protected virtual void Update()」は Unity 固有の更新処理を行っている。内容としてはすべての Timer リストに経過時間を伝え、Timer の経過処理に達していれば StopTimer の処理を行っている。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。