Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(35)

Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(34)では NavigationNodes に追加した Node について解説を行った。今回は NavigationNodes に追加した FixedNodeSelector の継承関係にある NodeSelector について解説を行っていく。

1.タワーディフェンステンプレートのステージの設定編 – NodeSelector.cs

NodeSelector.cs について稚拙ながら解説

「NodeSelector.cs」は「Assets/Scripts/TowerDefense/Nodes/NodeSelector.cs」の指しておりスクリプトについては以下の通り。内容としては GetNextNode 関数の定義と Node のリストの保持を行っている。


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

namespace TowerDefense.Nodes
{
    /// <summary>
    /// Provides a way to select a node for agents to navigate towards
    /// </summary>
    public abstract class NodeSelector : MonoBehaviour
    {
        /// <summary>
        /// A list of Nodes that can be selected by this NodeSelector
        /// </summary>
        public List<Node> linkedNodes;

        /// <summary>
        /// Gets the next node in the fixed list of nodes
        /// </summary>
        /// <returns>The next node in the list of Nodes, null if the node is the endpoint</returns>
        public abstract Node GetNextNode();

#if UNITY_EDITOR
        /// <summary>
        /// Draws the links between nodes for editor purposes
        /// </summary>
        protected virtual void OnDrawGizmos()
        {
            if (linkedNodes == null)
            {
                return;
            }
            int count = linkedNodes.Count;
            for (int i = 0; i < count; i++)
            {
                Node node = linkedNodes[i];
                if (node != null)
                {
                    Gizmos.DrawLine(transform.position, node.transform.position);
                }
            }
        }
#endif
    }
}

20行目 : 「public abstract Node GetNextNode();」は具象クラスで GetNextNode 関数を作成する必要があることを指している。

その他については Gizmo の表示や Node リストの保持を行っている。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。