Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(27)

Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(26)ではエージェントに追加した DeathEffect について解説を行った。今回はエージェントに追加した LootDrop について解説を行っていく。

1.その他の効果、ビジュアライザー、挙動編 – LootDrop.cs

LootDrop.cs について稚拙ながら解説

「LootDrop.cs」は「Assets/Scripts/TowerDefense/Economy/LootDrop.cs」の指しておりスクリプトについては以下の通り。内容としては通貨のドロップ処理を行っている。


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
using Core.Health;
using TowerDefense.Level;
using UnityEngine;

namespace TowerDefense.Economy
{
    /// <summary>
    /// A class that adds money to the currency when the attached DamagableBehaviour dies
    /// </summary>
    [RequireComponent(typeof(DamageableBehaviour))]
    public class LootDrop : MonoBehaviour
    {
        /// <summary>
        /// The amount of loot/currency dropped when object "dies"
        /// </summary>
        public int lootDropped = 1;

        /// <summary>
        /// The attached DamagableBehaviour
        /// </summary>
        protected DamageableBehaviour m_DamageableBehaviour;

        /// <summary>
        /// Caches attached DamageableBehaviour
        /// </summary>
        protected virtual void OnEnable()
        {
            if (m_DamageableBehaviour == null)
            {
                m_DamageableBehaviour = GetComponent<DamageableBehaviour>();
            }
            m_DamageableBehaviour.configuration.died += OnDeath;
        }

        /// <summary>
        /// Unsubscribed from the <see cref="m_DamageableBehaviour"/> died event
        /// </summary>
        protected virtual void OnDisable()
        {
            m_DamageableBehaviour.configuration.died -= OnDeath;
        }

        /// <summary>
        /// The callback for when the attached object "dies".
        /// Add <see cref="lootDropped"/> to current currency
        /// </summary>
        protected virtual void OnDeath(HealthChangeInfo info)
        {
            m_DamageableBehaviour.configuration.died -= OnDeath;

            if (info.damageAlignment == null ||
                !info.damageAlignment.CanHarm(m_DamageableBehaviour.configuration.alignmentProvider))
            {
                return;
            }
           
            LevelManager levelManager = LevelManager.instance;
            if (levelManager == null)
            {
                return;
            }
            levelManager.currency.AddCurrency(lootDropped);
        }
    }
}

26行目 : 「protected virtual void OnEnable()」は Unity 固有のこのオブジェクトが有効となったときの処理を行っている。内容としては DamageableBehaviour の状態が died になった時 OnDeath の処理を行うよう設定している。

38行目 : 「protected virtual void OnDisable()」は Unity 固有のこのオブジェクトが無効となったときの処理を行っている。内容としては DamageableBehaviour の状態が died になった時 OnDeath の処理を解除している。

57行目 : 「protected virtual void OnDeath(HealthChangeInfo info)」DamageableBehaviour の状態が died となったときの処理を定義している。内容としては DamageableBehaviour の状態が died になった時 OnDeath の処理を解除後、プレイヤーの所持している通貨に対してドロップする金額を追加している。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。