TapTapTap!!!(36)~Google Play Service for Unity をインポートする続き~

Twitterで述べたが libgpg.so のDllNotFoundException  と Google Play Service のバージョンが古い件について解決策を思いついた。そこでその解決策で問題が解決されるか検証をを行っていく。

Twitterで述べた内容については以下の通り。

これで問題がなければ想定と一致しているということだ。

1.旧バージョンの play-games-plugin-for-unity-master をインポートする

これについては前回の投稿を参照してほしい。旧バージョンでほしいのは libgpg.so なので、その中からPlugins 以下のファイルのみをインポートする。

旧バージョンからインポートするもの
スポンサーリンク

2.新バージョンの play-games-plugin-for-unity-master をインポートする

これについてはTapTapTap!!!(16)~Google Play Services がインポートできない~を参照してほしい。インポートが完了すると [Project] > [Google Play Games] > [Plugins] > [Android] > [GooglePlayGamesManifest.plugin] >[AndroidManifest.xml] を削除してもよいか確認される場合があるので、確認された場合は、「削除しない」を選択する。

3.ビルドを行い実機テストを行う

行ってみたが、ダメだった。その他の解決策がないか検索を進めたところ以下の記事を見つけた。

https://qiita.com/mybdesign/items/d44ae9787dd3ab26b03c

そのため、記事通りの google-play-services をインポートしようとしたが、よくわからなかったので諦める。

4.GooglePlayGamesPlugin-0.9.39 をインポートする

最新版の GooglePlayGamesPlugin-0.9.50 ではエラーがよく起きることが調査および実体験からわかった。調査を進める中でバージョン 0.9.39 が比較的に安定しているとの情報が記載されていたので、こちらをインポートして実行する。

インポート → ビルド → アップロードした結果。

実行結果

Google Play Games にアクセスすることに成功した。ここに GooglePlayGamesPlugin-0.9.39 を置いておきますので使用したい方はご利用ください。

https://studiofun.site/GooglePlayGamesPlugin-0.9.39.unitypackage

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。