Grow Up Monsters 進捗十日目

Grow Up Monsters 進捗九日目ではチュートリアルを行えるようにカードのベース作成および、モンスターやカードなどの配置を行った。今回はチュートリアルと対戦に使用できる召喚スクリプトの行った。

1.スクリプトの作成

チュートリアルを作成するに当たり、スクリプトは最初から作成していくことが簡単であると思わる。そこで、今回は召喚スクリプトの作成から順に作成していくことにした。作成したスクリプトについては以下の通り。内容としてはシーン開始に合わせてモンスターの召喚スクリプトを行っていく。その際、召喚エフェクトが完了した後に次の召喚を行うようにしている。


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
using System.Collections;
using UnityEngine;

public class TutrialMain : MonoBehaviour
{
    /// < summary>
    /// モンスター出現位置
    /// < /summary>
    private static float[,] POSITION = new float[3, 3] {
        { 0, 0, 0 },
        { 15, 0, 0 },
        { -15, 0, 0 }
    };
    /// < summary>
    /// モンスターオブジェクト
    /// < /summary>
    [SerializeField]
    private GameObject Monster;
    /// < summary>
    /// プレイヤーのモンスター陣営
    /// < /summary>
    [SerializeField]
    private GameObject YourMonsters;
    /// < summary>
    /// 敵のモンスター陣営
    /// < /summary>
    [SerializeField]
    private GameObject EnemyMonsters;
    /// < summary>
    /// スクリプトの開始
    /// < /summary>
    IEnumerator Start()
    {
        yield return StartCoroutine(SummonMonsters(YourMonsters));
        yield return StartCoroutine(SummonMonsters(EnemyMonsters));
    }
    /// < summary>
    /// モンスターの召喚処理
    /// < /summary>
    /// < param name="monsters">召喚するモンスター陣営< /param>
    /// < returns>< /returns>
    private IEnumerator SummonMonsters(GameObject monsters)
    {
        for (int i = 0; i <  POSITION.GetLength(0); i++)
        {
            GameObject monster = Instantiate(Monster, new Vector3(0, 0, 0), Quaternion.identity);
            monster.transform.parent = monsters.transform;
            monster.transform.localPosition = new Vector3(POSITION[i, 0], POSITION[i, 1], POSITION[i, 2]);
            monster.transform.localRotation = Quaternion.Euler(0, 0, 0);
            monster.transform.localScale = new Vector3(20, 20, 20);
            yield return new WaitWhile(() => monster.GetComponentInChildren< ParticleSystem>().IsAlive(true)); ;
        }
    }
}
スポンサーリンク

2.スクリプトの挙動

作成したスクリプトをAndroid端末上で確認すると以下のようになった。想定している挙動と一致しているため、このまま召喚後のスクリプトの作り込みを進めていく。

3.今後の予定

チュートリアルの作成に想定以上の時間を要している感じがする。このままのペースであれば、あと1週間ほど必要となりそう。今月末を目指して作成を続けていく。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。