ゲームを公開するデバイス

ゲームを作るにあたってデバイス(PCゲームやスマホなど)を選定する。そのために、それぞれの特徴(個人の見解)・シェア・販売方法をまとめる

シェアについて

調査にあたって面白い記事を見つけたのでシェアについて、は以下の記事を参照する。以下の記事ではアイルランドの調査会社の結果がまとめられているが、インターネット使用者のデバイスごとの使用者数の変動が記されている。ここで面白いところが Android が Windows を上回ったところにある。つまり、ここから今後PCゲームを開発しても、衰退していく可能性が多いに考えられる。

  • PC

特徴

ゲーム開発はPCで行うため、開発 →デバッグの流れが簡単な気がするが、シェアからわかるとおり、衰退していく可能が高い。マルチプラットフォームのゲームを開発する際のデバイスの一つとしてはまだ余力が残っているかもしれない。

スポンサーリンク

販売方法

販売サイトについては以下の記事が参考になる。私が PCゲームでよく使っているのは Steam なので馴染み深いところから始めるのも手かもしれない。PCで販売する際は別途記事を投稿する

PCゲーマーなら知っておくべきDL販売サイト25選

  • Android

    特徴

    シェア(所有者数)が高く、安値で公開しても元手が取れる可能性が高い。

    販売方法

    GooglePlay に公開する。

GooglePlay にゲームを公開する際は別途記事を投稿する。

  • iPhone

特徴

MacPC がないと開発が難しい。私の持っている PC はすべて Windows のため開発ができない。ゲーム販売が軌道に乗ってきたらMacPCの購入を検討する。

販売方法

同上

  • TV

特徴

(日本以外)シェアが低いイメージ、世界的に見るならやや優先度が劣るか?このあたりの情報がまとまっているサイトがあればリンクを貼る。

販売方法

同上

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。