Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(29)

Unity チュートリアルのタワーディフェンステンプレートを触ってみる(28)では Tower ゲームオブジェクトに追加した、SlowAffector の継承関係にある PassiveAffector の解説を行った。今回は Tower ゲームオブジェクトに追加した、SlowAffector の解説を行っていく。

1.その他の効果、ビジュアライザー、挙動編 – SlowAffector.cs

SlowAffector.cs について稚拙ながら解説

「SlowAffector.cs」は「Assets/Scripts/TowerDefense/Affectors/SlowAffector.cs」の指しておりスクリプトについては以下の通り。内容としては Slow の設定削除を行っている。

[cce_csharp]using ActionGameFramework.Health;
using TowerDefense.Agents;
using UnityEngine;

namespace TowerDefense.Affectors
{
    /// <summary>
    /// Uses a trigger to attach and remove <see cref="AgentSlower" /> components to agents
    /// </summary>
    public class SlowAffector : PassiveAffector
    {
        /// <summary>
        /// A normalized value to slow agents by
        /// </summary>
        [Range(0, 1)]
        public float slowFactor;

        /// <summary>
        /// The slow factor for displaying to the UI
        /// </summary>
        public string slowFactorFormat = "<b>Slow Factor:</b> {0}";

        /// <summary>
        /// The particle system that plays when an entity enters the sphere
        /// </summary>
        public ParticleSystem enterParticleSystem;

        public GameObject slowFxPrefab;

        /// <summary>
        /// The audio source that plays when an entity enters the sphere
        /// </summary>
        public AudioSource audioSource;

        /// <summary>
        /// Subsribes to the relevant targetter events
        /// </summary>
        protected void Awake()
        {
            towerTargetter.targetEntersRange += OnTargetEntersRange;
            towerTargetter.targetExitsRange += OnTargetExitsRange;
        }

        /// <summary>
        /// Unsubsribes from the relevant targetter events
        /// </summary>
        void OnDestroy()
        {
            towerTargetter.targetEntersRange -= OnTargetEntersRange;
            towerTargetter.targetExitsRange -= OnTargetExitsRange;
        }

        /// <summary>
        /// Attaches a <see cref="AgentSlower" /> to the agent
        /// </summary>
        /// <param name="target">The agent to attach the slower to</param>
        protected void AttachSlowComponent(Agent target)
        {
            var slower = target.GetComponent<AgentSlower>();
            if (slower == null)
            {
                slower = target.gameObject.AddComponent<AgentSlower>();
            }
            slower.Initialize(slowFactor, slowFxPrefab, target.appliedEffectOffset, target.appliedEffectScale);

            if (enterParticleSystem != null)
            {
                enterParticleSystem.Play();
            }
            if (audioSource != null)
            {
                audioSource.Play();
            }
        }

        /// <summary>
        /// Removes the <see cref="AgentSlower" /> from the agent once it leaves the area
        /// </summary>
        /// <param name="target">The agent to remove the slower from</param>
        protected void RemoveSlowComponent(Agent target)
        {
            if (target == null)
            {
                return;
            }
            var slowComponent = target.gameObject.GetComponent<AgentSlower>();
            if (slowComponent != null)
            {
                slowComponent.RemoveSlow(slowFactor);
            }
        }

        /// <summary>
        /// Fired when the targetter aquires a new targetable
        /// </summary>
        protected void OnTargetEntersRange(Targetable other)
        {
            var agent = other as Agent;
            if (agent == null)
            {
                return;
            }
            AttachSlowComponent(agent);
        }

        /// <summary>
        /// Fired when the targetter aquires loses a targetable
        /// </summary>
        protected void OnTargetExitsRange(Targetable other)
        {
            var searchable = other as Agent;
            if (searchable == null)
            {
                return;
            }
            RemoveSlowComponent(searchable);
        }
    }
}[cce_csharp]

38行目 : 「protected void Awake()」は Unity 固有の起動処理を行っている。内容としては Targetter に標的が入ってきた時と出ていった時の処理の設定を行っている。

47行目 : 「void OnDestroy()」は Unity 固有の破壊処理を行っている。内容としては Targetter に標的が入ってきた時と出ていった時の処理の解除を行っている。

57行目 : 「protected void AttachSlowComponent(Agent target)」は AgentSlower の追加を行っている。内容としてはAgentSlower の追加後、スローにする処理の ParticleSystem の実行と音声の再生を行っている。

80行目 : 「protected void RemoveSlowComponent(Agent target)」は AgentSlower の削除を行っている。内容としてはAgentSlower の追加されていれば、削除を行っている。

96行目 : 「protected void OnTargetEntersRange(Targetable other)」は 標的が Targetter の内に入ってきた際の処理を行っている。内容としては Targetter の内に入ってきた標的に AgentSlower を設定している。

109行目 : 「protected void OnTargetExitsRange(Targetable other)」は 標的が Targetter から出ていった際の処理を行っている。内容としては Targetter から出ていった標的から AgentSlower を削除している。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。