TapTapTap!!!(3)~ボタンをタップして消滅させる~

TapTapTap!!!(2)~ボタンを出現・消滅させる~では追加したボタンに対して一定間隔で出現/消滅させる処理を加えた。今回は、ボタンに対してタップされたときに消滅する処理を加える。

ボタンをタップした際の挙動を以下の手順で設定する。

1.Script をボタンに追加する

Script ファイルの作成方法についてはTapTapTap!!!(2)~ボタンを出現・消滅させる~で行ったため、省略する。今回は「ButtonAction」という名前で作成する。作成したButtonActionファイルを同様にTapTapTap!!!(2)~ボタンを出現・消滅させる~で作成した Button の Prefab に対して追加する

今回記載するファイルの内容は以下の通りで、ボタンがタップされたときタップされたボタンを削除するという内容


1
2
3
4
5
6
7
8
using UnityEngine;
public class ButtonAction : MonoBehaviour {
    // クリック(タップしたときの処理)
    public void OnClick() {
        // 自身が登録されているオブジェクトを削除する
        Destroy(this.gameObject);
    }
}
スポンサーリンク

2.ボタンの挙動とタップを連携する

1.だけではボタンとの連動がうまくいかないため、以下の図に合わせて設定を行う。

Buttonの設定

後は一定間隔で表示非表示が繰り返されるボタンをクリックし挙動を確認してほしい。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。