Unityの勉強に使っている本

簡単なゲームを作るうちは、インターネットで検索すればほとんどのことができたが、難しいことをやり始めるとインターネットの情報だけでは足りなくなってきた。そこで今回は最近購入した本について紹介したいと思う。

上記の本以外にも1からゲームを作ってみる系の本も本屋で立ち読みしてみたが、いざオリジナルのゲームを作ることになるとなかなかやりたいことに対する回答が書いていないことが多い。だが、この本はやりたいこと→内容の順でたどることができるため、なかなかに見どころがあった。まだ読み始めたばかりであるため、今後、この本で気づいたことがあれば追記していきたいと思う。

 

また、プログラムについては Java と C++ の知識が今までの仕事経験上あったため、C# の基本的なところで悩むことはほとんどなかった(今後はプログラムの速度などの改善のため必要となるかもしれない)。

 

 

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。